会長のスカイポットと申します。

私は馬流天星というサイト運営を中心として、「競馬予想の芸術化」を標語に、予想技術の向上や競馬の社会的地位向上を目指した取り組みを検討及び推進してきました。

 

具体的には、競馬ファンが、競馬を必ず負けるものと誤解している方に理解してもらえるよう、競馬に大数の法則が適用されないことを説明する記事を書いたり、実際に事前公開予想(買い目と金額を公開)で5年連続プラス収支を達成したり、予想の力量を可視化するために独自の評価基準を導入するなどをしてきました。

 

また、より大きな視点で言えば、競馬予想界に、将棋界における棋士のように社会的に認められた地位を作るなど、予想家に予想家であることの誇りを持てる環境を作ることや、「プロ=単なる予想屋」以外の道を開拓すること、一定程度の予想技術・結果を開示することにより、競馬予想が知的芸道であることを伝え、競馬自体の文化度を高めていくことなどをビジョンに描いています。

 

私も競馬予想情報の発信をしている一人であり、自分の予想をより多くの方に評価して頂きたいという気持ちはありますが、いち競馬ファンとして、より有用な情報発信者の情報にアクセスしたいと思っており、予想情報発信者の乱立した状況において、真に実力のある者がしっかり見出され、評価される仕組みを作れないか、特に、真面目に予想情報を発信して実績も不正なく公開されている方をより優遇できないかと考えてきました。

 

その仕組みの提案のひとつが、当協会による「成績開示予想者」の登録システムです。

 

予想の評価基準の策定及び予想成績の開示を求めていく意図について、そもそもの私の問題意識には、下記のようなものがありました。

 

1.より合理的な予想の評価基準を作成し、普及させること

現存する予想評価基準が拙い(「的中率」と「回収率」の概念しかないですが、いずれもそれだけでは真の予想力は測れない)ため、予想の評価が容易にできません。評価基準があれば、予想の具体的な回収効率を客観的に示すことが可能となり、例えば、誠実に情報発信を行っている予想情報発信者が、たまたま不的中が続いた時に会員になった人から「悪徳業者」との風評を流されることを防ぐことにも繋がりますし、同業者等の嫌がらせで書かれる口コミを不当であると言うことも可能になります。また、一人ひとりの競馬ファンが当該指標を高めることを目標にして競馬予想の研鑽を愉しむことができます。

 

競馬予想家協会では、予想成績開示規則において「予想力」という指標を採用しています。これにより、予想発信者の予想力は、安定したプラス収支となる的中、数少ない高額の回収に頼らない回収を重視した評価がなされることとなります。

 

2.誠実な予想情報発信者を明らかにすること

予想に係る分析過程や虚偽のない成績を開示する等、誠実に予想情報を発信している良心的な予想家(成績開示予想者)に対し、当ページでの公表やメルマガでの特集及び常時掲示等の優遇措置を採ることでメリットを付与するなどのサポートを実施します。その結果、いわゆる悪徳予想業者が怪しいと思われやすい環境を醸成していくことができればと思います。

 

 

予想情報発信者の方へ

既に有料予想を販売している方によっては、一部の情報開示(例えば、1日に予想を配信する15レース中の1レースを公開すること)が既存顧客のデメリットになる等、否定的なお考えもあると思います。

 

しかし、情報発信者がどれくらい競馬予想に熟練しているかを顧客が判断し、納得して予想を購入できたほうが顧客の利益に資するでしょうし、予想レース数が多いよりも、予想の精度が高いほうが顧客にとってはメリットになると考えられるのではないでしょうか(もちろん、沢山のレースを賭けたいという顧客がいることも否定はしませんが)。

 

また、パリミチュエル方式の競馬だから難しいといった意見もあろうかと思います。つまり、予想発信者を信奉している顧客は、その発信者の情報がより日の目を見ることによって、同じ馬券を買う人が増えて、オッズ的に損をしてしまうと考えるだろうということです。しかし、開示を求めるレースは一部のレースで構わないとしているので、直接的にそれほど影響はないとも考えられますし、レース発走直前に公開(予約)し、予想購入者以外の者に事前に公開しない方法も認めています。

 

競馬に興味のない層も多数いる現状、競馬(予想)という娯楽が絶対に負けるギャンブルではなく、予想理論によって成績を向上できる知的なものという理解を広げることによって、顧客層を拡大することも可能と思われるので、一部の予想情報及びその実績を公開して信頼を得ていくほうが、予想情報発信者のメリットになる可能性はあるのではないでしょうか。

 

さらに、予想家が自身の有能性を評価してもらおうと思った場合、的中実績をアピールするなどするものですが、巷には実績の虚偽やねつ造が横行していて、容易には信じてもらうことができません。たまたま、不的中が多い時期に会員になった人には悪徳と言われることもあるかと思いますし、少し知名度が上がった際に、同業他社が業務妨害として匿名掲示板や口コミサイト等に悪評を流すこともあるかもしれません。そういった場合にも、当協会の開示規則等に則った予想開示を行っていれば、閲覧者に誠実な予想家であることを納得させることができると思います。

 

ということで、公開の場で予想をしても収支プラスを継続できる実力を持っていると自負されている方や、もっと評価されたい、注目されたいという予想情報発信者は、予想成績の開示に関する規則に基づく、「成績開示予想者」の登録を検討頂ければと思います(具体的には登録方法概要Q&Aをご覧ください)。ご自身で予想成績をまとめて頂く必要はありますが、当協会が無償であなたの実力を確認・証明しますし、成績開示予想者に対しては、当協会において周知のサポートをいたします。

 

競馬ファンの方々へ

現在、ネット上には多数の競馬予想情報が発信されていますが、その中で、本当に予想技術に長けた優秀な(そして、成績を表明できる程に誠実な)予想を選別して読みたいと思わないでしょうか。この課題を、より良い方法で解決していくために、当方において「競馬予想家協会」を設立しました。

 

「競馬予想家協会」は競馬予想情報を発信する方にも、競馬ファンの方にもメリットのある仕組みを提案するものですので、皆さまからもご支援等頂ければ嬉しく思います。

 

当協会における評価は、誰でも確認しようと思えば確認できる、一部予想の事前公開による方法によるものです。外部からでもある程度容易にチェックができるよう、元となる予想場所へのリンク等を掲載しています。協会の審査に加え、できれば読者の皆様方からもダブルチェックをして頂ければ助かります。

 

また、ウェブサイト、ブログ、メルマガ等、予想はしない又は自信がないけれど情報発信ツールを持っている方は、当サイトをご紹介頂けないでしょうか。紹介して頂いた方には、当方のメルマガでも貴媒体を紹介させていただきたいと考えています。(メールを頂ければ確実です)

 

競馬予想家協会の設立趣旨に賛同し、応援してくれる方は、下記のメールアドレスまで、お名前(HN可)、競馬情報発信サイト等をお持ちであれば当該アドレスを、ご連絡頂ければ幸いです(右の「支援サイト」にリンクを表示させて頂くとともに、今後、協会運営における情報交換や意見募集等をさせて頂きたいと考えています)。また、審査作業のご助力等、協会活動に協力したいという方がいればその旨もご連絡頂ければ幸いです。